保険についてINSURANCE

TOP自転車向け総合保険

自転車向け総合保険

交通安全友の会が提供する
「自転車向け総合保険」をご紹介します。

近年、自転車事故を起こした運転者に数千万円規模の賠償責任が求められたり、事故相手との長期的な折衝が必要になるケースが増えています。交通安全友の会にご入会いただくと、お子様やそのご家族の負担を軽減する「自転車向け総合保険(三井住友海上火災保険:学生・こども総合保険)」に自動的にご加入いただけます。

当会の補償は大きく分けて3種類。1つ目は、自転車事故で他人にけがをさせた場合などに補償する「賠償責任補償」、2つ目が、お子さまが事故に遭われた際のお子さま本人のケガを補償する「傷害補償」、そして3つ目が、扶養者の方の万が一に備える「育英費用」です。

※ご家族:本人と生計を共にする同居の親族(6親等以内の血族及び3親等以内の姻族)以下同

賠償責任補償(個人賠償責任補償・受託物賠償責任補償)

「個人賠償責任補償」では、日常生活でお子様や同居のご家族が誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合などに最大3億円まで補償します。また、保険会社が事故相手との交渉を代行する示談交渉サービスがついています。
「受託物賠償責任補償(※)」は、他人から預かったものの破損・紛失または盗取により被保険者がその受託物につき正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任をいいます。

※示談交渉サービスは対象外です。通貨、貴金属、自動車等、補償の対象とならないものもあります。また、職務遂行(アルバイトを除く)に直接起因する損害賠償責任についてもお支払いできません。

例えばこんな時

自転車で歩行者に
接触してケガをさせた

自転車で車に
キズをつけてしまった

ふざけていて学校の
窓ガラスを割ってしまった

傷害補償

「傷害補償」では、お子さまのケガを補償します。自転車に乗っていて負ったケガへの補償を中心に(自転車事故を起因とする)手術・入院・通院、後遺障害や死亡に対して補償します。また、自転車事故以外のケガが原因で亡くなられたり、所定の後遺障害を負った場合に保険金をお支払いします。熱中症、細菌性食中毒、地震・噴火・津波に起因する場合も補償の対象となります。

例えばこんな時

自転車で転倒して
ケガをした

自転車事故での
入院・手術

熱中症に
かかって倒れた

育英費用

保険に加入したお子さまの親権者となる扶養者が事故(※)に遭い、事故の日を含めて180日以内に死亡したり重度の後遺障害を負った場合に、お子さまの育英費用として一時金(100万円)をお支払いします。なお、申し込み時の扶養者記入欄に記載した方(1名)を「扶養者」として取り扱い、保険適用します。

※育英費用における扶養者の要件は原則①会員の親権者であること、②会員と同居していること(下宿、親権者の単身赴任など会員の就学上の理由等での別居は除く)、③会員の属する世帯の生計を維持していること。以上3つの条件をすべて満たしている方です。

※地震・噴火・津波に起因する障害も適用します。

※詳しくは約款をご参照いただくか、お電話等にてお問い合わせください。

大切なあなたを守るということ
交通安全友の会

入会の申し込みはこちら

お問い合わせ・ご相談など、お気軽にご連絡ください

TEL.0120-960-958

お問い合わせ

【現会員の皆様へ】付帯されている保険の補償内容は、入会年度のパンフレット及び約款にてご確認ください