友の会ニュースTOMONOKAI NEWS

TOP友の会ニュース豊川市立中部中学校で自転車の交通安全集会を実施しました。

豊川市立中部中学校で自転車の交通安全集会を実施しました。

2019年6月19日(水)




2019年5月9日(木)、

豊川市立中部中学校1年生172名の皆様を対象に、

自転車の交通安全集会を実施しました。


❏交通安全集会の内容



今回の内容は、以下のような内容でした。

  • 加害者になってしまったとき
  • 信号の正しい意味
  • 安全確認に必要な時間はどのくらい?
  • 自転車シミュレーター
  • 事故の被害者、加害者にならないために


❏加害者になってしまったとき



自転車は車両の仲間であるため、事故の被害者になることもあれば、

加害者になってしまうこともあります。

そのまま何もせずに逃げてしまうと、ひき逃げとなってしまうため、

もし事故にあった場合にするべきことを覚えておくことが大切です。

事故にあったときにすること

  • けが人の救護
  • 危険防止
  • 警察への連絡
  • 事故メモ
  • 親、学校への連絡


❏信号の正しい意味



信号の意味を間違って覚えていませんか?


正しい意味は、

は、安全なら進むことができる

は、止まれ! 安全に止まれない場合は進むことができる。

は、止まれ! です。


青は進め、黄は注意、ではないので気をつけましょう。


❏安全確認に必要な時間はどのくらい?



皆さんに、スクリーンに出てくる6桁の数字を覚えていただきました。


0.6秒の時間では、正解できる人は少なかったですが、


3秒の時間では、全員の方が覚えることができました。


一瞬見るだけでは正しく認識することは難しいため、

安全確認
時間をかけてしっかり見ることが大切です。


❏自転車シミュレーター






自転車シミュレーターを、先生と代表の方3名に体験していただきました。

実際に自転車に乗って体験したことで、どこに気をつけたらいいのかを

知っていただきました。


❏事故の被害者、加害者にならないために。



交通社会では、

歩行者<自転車<自動車

となります。

自転車に乗っていて歩行者と事故を起こせば、

歩行者が飛び出してきても加害者になってしまいます。


歩行者を保護する立場になるということを自覚し、安全に運転しなくてはなりません。

自転車にも、自動車保険と同じように、自転車保険というものがあります。

もし自転車で事故を起こし、高額な賠償金額を請求されたら、

中学生でも逃れることはできません。

もしものために、しっかりと備えておくことが大切です。


❏まとめ



  • 安全確認を忘れずにしっかりと行う。
  • 自転車は被害者にもなり、加害者にもなる。
  • もし事故を起こしたら、必ず救護連絡をする。

❏最後に



豊川市立中部中学校1年生の皆様、本当にお疲れ様でした。

また、学校職員の皆様をはじめ関係者の方々、

ご協力いただき、誠にありがとうございました。

自転車に乗るということは、被害者にもなり、加害者にもなる可能性が

あるということを知っていただけたなら幸いです。


万が一に備えて、保険に加入することをおすすめします。

今後、皆様が安全な自転車運転者となり、交通事故のない、

楽しい学校生活を送っていただくことを切に願います。

大切なあなたを守るということ
交通安全友の会

入会の申し込みはこちら

お問い合わせ・ご相談など、お気軽にご連絡ください

TEL.0120-960-958

お問い合わせ

【現会員の皆様へ】付帯されている保険の補償内容は、入会年度のパンフレット及び約款にてご確認ください