友の会ニュースTOMONOKAI NEWS

TOP友の会ニュース通学に慣れた時期だから、家族で話そう『自転車安全利用五則』

通学に慣れた時期だから、家族で話そう『自転車安全利用五則』

2017年6月20日(火)

❑ 毎日のことだから家族で交通安全について話してみませんか?



交通安全友の会事務局の田中です。
6月になり、お子さまの新生活が落ち着き、少し安心できる時期になったことと思います。

新生活にも慣れ、通学にも慣れたこの時期だから、ご家族であらためて自転車の安全利用や通学経路などについて、家族で一度話し合うことをお勧めします!


自転車はとても便利で身近な乗り物です。
小さい頃から乗ることができて、免許も不要です。
しかも経済的で、健康にも良く、とても人気のある乗り物です。

しかし、時速40km/h以上のスピードを出すことも可能で、衝突した時の瞬間の衝撃は500㎏を超えることもあります。

正しく利用しないと、自転車を運転している本人もけがをしたり、命を落とす危険性さえもあります。また歩行者や他の自転車との事故では、加害者にもなることがあり、安全に運転しないと凶器にもなります。

そういったことにならないように、下記に注意して運転しましょう!


❏ 「自転車安全利用五則」を知っていますか。


自転車安全利用五則(平成19年7月10日に交通対策本部より)というものがあります。
自転車の交通ルールの基本となります。一度、家族で確認してみましょう。


1.自転車は車道が原則、歩道は例外

2.車道は左側通行しましょう

3.歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行しましょう

4.安全ルールを守りましょう

・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
・夜間はライトを点灯
・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認の実施

5.子どもはヘルメットを着用しましょう

最近では、携帯やイヤフォンを使用しながら運転する学生も見かけます。
事故があってからでは、取り返しがつきません。使用しないでください。



❏ 自転車は車の仲間です。交通ルールを守りましょう。



車が交通ルールを守るのと同じように、
自転車も交通ルールを守らないといけません。
自転車は車の仲間です。だから車と同じように交通ルールを守りましょう。

自転車安全利用5則は、そんな自転車の交通ルールになります。


事故を起こしたいと思って運転する人はいません。みんなが安全に過ごせるよう、
自転車も、自動車も、みんなでルールを守りましょう。

❏ 特に覚えたい交通ルール
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☑  車道の「左側」を通行する
☑  交差点では「信号」を必ず守る
☑  「一時停止」の標識がある場所では必ず止まって左右の安全確認をする
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





大切なあなたを守るということ
交通安全友の会

入会の申し込みはこちら

お問い合わせ・ご相談など、お気軽にご連絡ください

TEL.0120-960-958

お問い合わせ

【現会員の皆様へ】付帯されている保険の補償内容は、入会年度のパンフレット及び約款にてご確認ください