友の会ニュースTOMONOKAI NEWS

TOP友の会ニュースユタカの自転車向け総合保険についてインタビューしました!

ユタカの自転車向け総合保険についてインタビューしました!

2018年3月1日(木)

❏ 大切なあなたに贈る 交通安全メッセージ vol.7
- ユタカ保険代理店の大林さんにユタカの自転車向け総合保険について伺いました。

 大林直矢さん(おおばやし なおや)

ユタカ保険代理店 

ユタカ保険代理店の営業担当。友の会が提供する
保険や車の保険など、損害保険から生命保険まで
   あらゆる保険を提案・サポートする。        


リーズナブルな金額ながら、補償が手厚い


ーー友の会の保険について教えてください。

大林:交通安全友の会が提供する「ユタカの自転車向け総合保険」は、
近年の自転車事故で、数千万円規模の賠償責任が求められるケースも増えるなか、
自転車運転者の経済的負担を軽減し、あらゆる面でサポートできるように、と誕生しました。

賠償責任補償、傷害補償、育英費用の補償が付いて、
万が一の時でも安心です。(⇒詳しくはこちら

ーー 現在、会員数はどれくらいですか?

大林:「友の会が発足して8年目となり、現在、会員は3,000名(現在実働)が入会しています。
設立当初は年間500名ほどの入会者でしたが、ここ数年で2倍になりました。

最近は自転車事故のニュースも多く、その影響もあって入会者数が増えています。

また今年から、友の会の募集を小学生についても入会を本格的にスタートしました。
小学生のお子さまを持つ保護者の方からも喜ばれています。

ーー 友の会の保険に入った保護者の方からの声を教えてください。

大林:まず、会費が安価ということに驚かれます。
例えば高校1年生の春に加入した場合、3年間で9,800円となります。

(※加入の学年によって会費と期間が異なります。※保険期間は最大3年間)

年間で計算をしても約3,200円程度。
月に換算すると1ヶ月約260円と、気軽に入会いただけるのが特徴です。

また、リーズナブルな金額なのに、補償が手厚いのがポイントです。

年々高額化する自転車事故の賠償金ですが、
友の会の保険に入れば、1事故にあたり賠償の限度額が2億円となり、
賠償に対しての不安も取り除くことができます。


ーー 確かに、年々自転車事故が増えていく中で、補償が手厚いのはありがたいですね。


大林:例えば、自転車事故を起こして、
損害賠償として9,500万円支払わないといけない、というケースがあります。

普通の家庭なら、支払うことが出来ない金額ですが、
友の会では、2億円まで補償額が出るので、何かあったときでも安心です。


不安を取り除くため丁寧なフォローを心がける

ーー 自転車事故の危険性とは、どういうものがありますか?

大林:事故が起こり、相手のケガや、車等の賠償などを考えると
「保険に入っていて、安心した」と誰もが思うと思います。
少しの不安も取り除くことができるよう、私たちが丁寧にフォローさせていただきます。

ーー 大林さん自身が体験した、ヒヤリ・ハッとしたことはありますか?

大林:
車で走っていた時に、暗い夜道で無灯火で走っている自転車を見つけました。
車を運転していると、無灯火で見えづらい・分かりづらい自転車を見かけます。無灯火だと距離が近づかないと、相手の存在に気付かず、事故につながる危険性もあります。

自転車も自動車もそうですが、運転への注意ももちろんですが、
やはり、自転車は暗くなる前にライトをつけることが大事ですね。


ーー最後に、学生の皆さんに伝えたい交通安全メッセージはありますか?

大林:「保険を使用する」ということは事故があったということ。

そのようなことがないように、安心安全な毎日を送るように安全運転を心がけてください。

「安心・安全な毎日」を送れるように自転車の安全利用に心がけましょう! 



編集後記

大林さん、取材のご協力ありがとうございました。
自転車保険の大切さを分かりやすく教えて頂きました。

何かあった時では遅いので、

家族のため・自分のためにも自転車保険に入っておいたほうがよいのですね。



大切なあなたを守るということ
交通安全友の会

入会の申し込みはこちら

お問い合わせ・ご相談など、お気軽にご連絡ください

TEL.0120-960-958

お問い合わせ

【現会員の皆様へ】付帯されている保険の補償内容は、入会年度のパンフレット及び約款にてご確認ください